無添加について

無添加って何

今日、無添加化粧品や無添加食品、無添加住宅など様々な分野で、“無添加”という言葉を目にしたり耳にする事が多くあります。
何となくではありますが、“無添加”と聞くだけで『身体に良いもの』、『安心・安全なもの』という印象がありますが、そもそも無添加とは
一体なんなのでしょうか。

素直に意味を捉えると“添加物のないもの”ということだと思います。
では“添加物”にはどんなものがあるのでしょうか。
私たちの生活には欠かせないものとなっていますが、添加物の中には毒性の恐れがあるものなど人体や自然環境に有害なものがある事が分かっております。
添加物は悪い!“無添加”を取り入れていこう!といきたいところですが、無添加の商品は信頼できるかというと、必ずしもそうではないようです。

なぜなら、「これが無添加である」と定義づける法的規定は存在せず、化粧品の場合、メーカーがそれぞれ独自の判断でルールを設けて販売しているようです。
そして、厚生労働省が定めた『表示指定成分』が入っていなければ、他の化学物質が入っていても無添加商品だとされているものもあるのが現実のようです。
中には、香料や着色料などのどれか一つでも無添加ならば、無添加商品だと世に出ているものもあるようです。

『表示指定成分』とは有害化学物質で、アレルギー等皮膚障害を起恐れがあるとして、過去の報告を中心に有害性が見られたものが選定され、使用する際は表示が義務付けられた成分のことです。
種類は102種類の原料に、1種類の香料を加えた合計103種類があります。

しかし、化学物質は他に何千種類とあるようで『表示指定成分』に指定されていなくても、安全が確立されていない成分もあるようです。
冒頭で書いた無添加の意味とはほど遠い気がしてきました、、、。

ちなみに、今は全成分表示が義務化されており、表示指定成分だけでなく、配合されるすべての成分の表示されるようになりました。
でも、名前が書かれていてもそれが何なのか知っている人は少ないでしょうし、分かりづらいのではないでしょうか。情報が錯誤する時代ではありますが、
私たち消費者は使用するものに対して正しい知識を身につけ、取り入れる物に対して責任を負う必要があるのかもしれません。
大変ですが、健康で快適な生活を送るためには必要な事だと思います。
頑張りましょう!

ヤフー

japan.internet.com 最新インターネットニュース

管理人は無添加好きなんです。

banner健康一番
無添加は健康に直結します。
banner未来のために
子供達は自分で食べ物を選ぶことが出来ません。。
banner無添加住宅
住めば分かる無添加住宅。漆喰塗りの住宅はいいですよ。
Copyright(c) 2011 無添加について。 All Rights Reserved. Design by Cloud template